ページ上部へ
【掃除機】東芝
2015年07月15日発表  
東芝ライフスタイル、サイクロン部も水洗いできるサイクロン式クリーナー2機種MG900、MG800を発売
  • slide01
  • thumb01

 当社は、サイクロン式クリーナーの新製品として、「TORNEO V(トルネオ ヴイ)」VC?MG900、MG800の2機種を8月中旬から発売します。



 新製品は、ミクロのゴミも99.9%まで分離(注2)し、吸引力が99%以上持続(注3)する「バーティカルトルネードシステム」の清掃性を高め、12気筒のサイクロン部の中まで洗える構造を新採用しました。

 またダストカップには、洗濯機「マジックドラム」と同じ親水性コーティングを採用し、水洗いで粉ゴミが簡単に洗い流せるようにしました。また、モーターケースから微細な塵を逃さない構造にして、さらに高集塵フィルターを設けることで、排気性能が向上し、0.3μm以上の微細塵を約99.999%捕塵(注1)できます。

 さらに、ゴミの有無を判別する「ゴミ残しまセンサー」を採用し、手元のランプでゴミの有無を確認しながらお掃除できるため、細かいゴミが見えにくい絨毯、ベッドの下等の掃除の際に、ゴミの取り残しを確認しながらお掃除できます。また、VC?MG900は、新開発の電動ふとんブラシを付属します。



 他に、0.3μm以上の微細塵をフィルターで約99.9%捕塵(注1)する「TORNEO V(トルネオ ヴイ)」VC?MG600を8月中旬から、「バーティカルトルネードシステム」採用で「カーボンヘッド」の「TORNEO V(トルネオ ヴイ)」VC?S500を9月1日から発売します。



[開発の背景と狙い]

 2015年度の国内クリーナー市場の出荷台数は、消費税増税後の反動減からの回復もあり、対前年伸長104%の520万台を見込んでおり、その内サイクロン式は約40%の構成と推定しています(当社調べ)。当社は「誰もが使いやすいクリーナー」を開発コンセプトとして、掃除の負担軽減を図ってきました。サイクロン式クリーナーの主な不満点は、「ダストカップの汚れのお手入れが面倒」、「粉ゴミの処理が大変」、「排気性能」です(当社調べ)。こうした不満の軽減のため、細部の掃除のしやすさ、排気性能の強化を図りました。また本体の取り回しにも配慮し、お掃除の負担軽減をさらに進めたサイクロン式クリーナーを「TORNEO V」の新シリーズとして商品化し、発売します。





[新製品の主な特長(VC?MG900/MG800/MG600)]

1. ダストカップの分離部をすべて水洗いできる「バーティカルトルネードシステムクリア」

 新製品は、サイクロンの遠心分離部の中を開いて開けられる構造にしました(「新型ウォッシャブルサイクロン」)。これにより、長期間使用後に内部に付着する汚れも水洗いできます。

 さらに、ダストカップには、洗濯機「マジックドラム」と同じ親水性コーティングを採用し、水洗いで粉ゴミが簡単に洗い流せるようにしました(「マジックダストカップ」)。



2. 0.3μm以上の微細塵を約99.999%捕塵(注1)

  (VC?MG900/MG800)

 排気性能を向上するため、モーターからもれる細塵への対策として「モーターケースの構造の見直し」に加え、「高集塵フィルター」を新たに採用し、粒子径0.3μm以上の微細塵を約99.999%捕塵(注1)します(従来機種は0.5μm以上の微細塵を約99.9%捕塵(注1))。



3. 動かしやすく、家具への傷つきに配慮した新型ボディ

 新設計のボディは、走行時の引っ掛かり、家具への傷つきを抑え、動かしやすくしています。走行時に家具などへの引っ掛かりを軽減できるよう、ガード部の面積を小さくし、家具に当たりやすい側面には、起毛布を装着しました。また、あえて横すべりしやすい新型タイヤを採用することで、壁や家具などに引っ掛かった時も本体がホースに付いて動きやすくしています。



 注1 当社測定による

  MG900・MG800 0.3μm以上の微細塵を99.999%捕塵

  MG600 0.3μm以上の微細塵を99.9%捕塵

 注2 日本電機工業会自主基準ゴミによる、分離前後の試験ゴミを比較(分離力99.9%以上)。ゴミの種類や量などによって異なります。
■一般のお客様へのご案内先:

 東芝生活家電ご相談センター

 フリーダイヤル

 0120?1048?76
東芝関連のNEWS
掃除機関連のNEWS